PR

【スマホ版】トレーディングビューでのZigZag(ジグザグ)設定のやり方を解説!

fxコラム
負けトレ

スマホ版のトレーディングビュー(TradingView)でのZigZag(ジグザグ)設定のやり方が分からないから教えてほしい

港区女子トレ

分かったよ!画像で紹介しながら説明していくね

この記事では「トレーディングビューでのZigZag(ジグザグ)設定のやり方」について解説します

ある程度トレーディングビュー(TradingView)の使い方が慣れていれば理解出来るかと思います。

【2024年更新:Fintokeiで少額資金から一攫千金!】

画像引用元:https://www.fintokei.com/jp/


Fintokeiはプロトレーダーを発掘して、そのトレーダーに資金提供し利益配分出来るサービスです

・最低2万円のチャレンジ料金で初期資金200万円で取引できる!
資金管理のルールが徹底されているので、安定して利益が得やすい!

・自己資金が少ないけど、数百万円の資金で運用したい方におすすめ!

Fintokei公式サイトはこちらから\詳細は上記ボタンをクリック/

【完全版】Fintokeiを利用する前に知っておくべきことを解説!

トレーディングビューでのZigZag(ジグザグ)設定のやり方

これから「トレーディングビューでのZigZag設定のやり方」について紹介していきます。

上記の画像が完成形ですので、同じようにしたい場合は下記の手順で設定して頂ければと思います。

①ZigZag++のインジケーターを入れる

まずはチャート画面の「+マーク」をタップして上記の画面からインジケーターを選択します。

zigzag(zigzag++)と検索したら「zigzag++」というのがあるのでこのインジケーターをタップします。

デフォルトで入っている「zigzag」を使うと、僅差と深さの2種類しかないのでBackstepも変更したい場合は「zigzag++」を選択するようにしましょう。

②色やパラメーターを設定する

まず始めに、インジケーターの設定(歯車マークをタップします)

パラメータをデフォルト値に変えたい場合は

・深さ:12
・僅差:5
・Backstep:3
に変更しましょう。また他の設定としては
・Line Thickness:zigzagラインの太さ
・Bull Color:zigzagラインが上向きの色
・Bear Color:zigzagラインが下向きの色
の変更が出来ます。zigzagラインの色を1つにしたい場合は「Bull Color」と「Bear Color」を同じ色にしましょう。
また、ラベル表示も不要であればスタイルからラベルのチェックを外すようにしましょう。
これでトレーディングビューでのZigZagの設定は完了です。

まとめ

トレーディングビュー(TradingView)でのZigZag設定のやり方について解説しました。

無料でスマホのZigZagを入れる場合はトレーディングビューが一番おすすめだと思うます。

当サイトではZigZagに関する記事も載せていますので気になる方は是非ご覧になってみてください

ZigZagはインジケーターとして最強!MT4・MT5の設定や手法も紹介!
ここではZigZagのインジケーターについて詳しく解説していきます。この記事を読めばZigZagというインジケーターの活用方法やMT4、MT5の設定の仕方や手法も分かるので是非参考にしてみてください。