PR

Fintokei(フィントケイ)で複数口座運用できる?おすすめの組み合わせなど解説!

fintokei

Fintokeiで複数口座運用って出来るの?やってみようか考えてて

Fintokeiで複数口座ね!実際に複数口座で運用している人もいるから、ありだよ!

この記事では、「Fintokeiでの複数口座で運用できる?おすすめの組み合わせなど」について解説していきます。

Fintokei通常

【2024年4月更新:Fintokeiクーポン配布中!】

画像引用元:https://www.fintokei.com/jp


Fintokeiのプラン購入画面で下記クーポンコードを記入することで、10%OFFでお得に購入できます!

10%OFFクーポン:FINTO10KEI

※上記クーポンをFintokei公式サイトで是非ご利用になってみてください。

Fintokei公式サイトはこちらから\詳細は上記ボタンをクリック/

Fintokeiでは複数口座で運用できる

Fintokeiではチャレンジプランだと6000万円、速攻プロプランだと2000万円までであればプロトレーダー口座の複数口座で運用することが出来ます。

プロトレーダー口座とは、チャレンジプランではステップ2合格時に利益が出金できる口座、速攻プロプランではプラン購入後すぐになれる口座

例えばチャレンジプランで

・パールプラン(500万円)+サファイヤプラン(2000万円)=2500万円(複数OK)
・ルビープラン(1000万円)+エメラルドプラン(5000万円)=6000万円(複数OK)
・サファイヤプラン(2000万円)+エメラルドプラン(5000万円)=7000万円(複数NG)

上記のように複数OKの組み合わせで運用していくことが可能です。

プロトレーダー口座でなければ、6000万円を超えても複数プランで購入することは出来るよ

Fintokei公式サイトはこちらから\詳細は上記ボタンをクリック/

Fintokeiを複数口座で運用するメリット

Fintokeiを複数口座で運用するメリットとしては、1つの口座で失格になったとしても、他の口座でチャレンジできることです。

例えば、元々2000万円のサファイヤプランの購入を考えていた場合に自己資金は約10万円必要になりますが、その自己資金の10万円で

1000万円のルビープラン(自己資金:約7万円)&50万円のシルバープラン(自己資金:約3万円)などの組み合わせで購入することが出来ます。

失格した時の、リスク分散として利用するのもいいね!

Fintokeiを複数口座で運用するデメリット

Fintokeiを複数口座で運用するデメリットとしては、チャレンジプランの場合は支払う料金が高くなることです。

例えば、元々2000万円のサファイヤプランの購入を考えていた場合に自己資金は約10万円必要になりますが、2000万円のチャレンジプランを分割にした場合

1000万円のルビープラン(約7万)&1000万円のルビープラン(約7万)で自己資金で約14万円必要になります。(4万円余分に支払う)

なので、同じ初期資金でも複数口座運用で支払うお金が高くなるので、その部分は気にする必要があります。

Fintokeiを複数口座運用でおすすめの組み合わせ

先ほど、Fintokeiのデメリット(支払う料金が高くなる)について記載しましたが、そのデメリットを最小限にするプランの組み合わせがありますので解説してきます。

ルビープランのところをパールプラン2つで運用

最初からルビープランの購入を検討している方の場合はパールプラン2つで運用してもあまりデメリットに感じることはありません。

1000万円のルビープランの自己資金で複数口座運用する場合は500万円のパールプラン2つ購入すればよいですが、

その場合は自己資金で約5000円程度しか違わないので複数口座運用をしても問題ないでしょう。

上記画像を見ると、ルビープランだけ元値より安くなっていないから、パールを2つ運用してもあまり余分に支払う必要がないということね

速攻プロプランでの複数口座運用

画像引用元:https://www.fintokei.com/jp/swifttrader/

速攻プロプランの場合は、上記画像のように初期資金とプラン料金の設定がほぼ同じように比例しているので、複数口座で購入しても数千円余分に支払うぐらいであまりデメリットに感じることはないでしょう。

例えば、200万円のプラチナのところ、100万円のゴールド2つでも1000円程度しか違わないから速攻プロプランは複数口座のデメリットをあまり受けないよ