PR

Fintokeiのプロに必要な取引日数や最短合格の方法について詳しく解説!

fintokei

Fintokei(フィントケイ)のチャレンジプランでプロトレーダーを目指そうと思っているんだけど、取引日数がどのくらい必要なのか知りたい

確かに、どのくらいか気になるよね!出来れば早くプロになりたいもんね!

この記事では、「Fintokei(フィントケイ)のプロに必要な取引日数や最短合格の方法」について詳しく解説していきます。

Fintokei通常

【2024年4月更新:Fintokeiクーポン配布中!】

画像引用元:https://www.fintokei.com/jp


Fintokeiのプラン購入画面で下記クーポンコードを記入することで、10%OFFでお得に購入できます!

10%OFFクーポン:FINTO10KEI

※上記クーポンをFintokei公式サイトで是非ご利用になってみてください。

Fintokei公式サイトはこちらから\詳細は上記ボタンをクリック/

Fintokeiのプロに必要な取引日数【チャレンジプラン】

Fintokeiのチャレンジプランのプロトレーダーに必要な取引日数は最短で6日間です。

下記表でステップ1とステップ2に必要な最低取引日数について記載しました。

取引日数 合格条件
ステップ1 最低3日以上 利益が8%を超える
ステップ2 最低3日以上 利益が5%を超える
プロトレーダー 2週間ごとに出金可能 利益分の80%出金可能

※ステップ1・ステップ2はデモ口座なので利益分は受け取れません
※プロトレーダーからリアル口座で利益分を受けることができます

1日目で合格条件に達した場合は、2日目・3日目に少ないロットでエントリー決済で、3日間の取引日数を行うようにしましょう。

上記表より、最短6日間でプロトレーダーになれて、その2週間後からプロトレーダー時の利益分の出金が出来るよ!

最短取引日数で合格するには?

Fintokeiチャレンジプランのプロを最短取引日数で合格するには「ロット数を上げて取引をする」「利幅を上げる」ことが必要です。

しかし、大きく利益を出そうとすると、その分、失敗したときの損失が大きくなり失格になるリスクがあります。

最短取引日数の合格の為には失格も仕方ないと考えると、「数回のチャレンジ料金を自己投資に充てて、プロに受かったときにその投資額を回収する」という手があります。

例えば2000万円のサファイヤプランでは

・チャレンジ料金:約10万円(合格の為のハイレバトレード)
・プロで2%の利益:約32万円(失格にならないように安全トレード)

上記のように、チャレンジの際は失格を覚悟でハイレバトレードをして、合格の際は安全トレードを行ったとしても、チャレンジ料金で支払ったお金を簡単に回収することが出来ます。

最短合格のために、失格覚悟で取引するなら3回~5回までには合格したいところね!

ただ実際に、「合格のためのハイレバトレードはどんなやり方でやればいいのか分からない」という方もいると思います。

そこで、Fintokeiのデモトレード大会の上位者のトレードの真似をしてみはいかがでしょうか

Fintokeiのデモトレード大会の上位者は利益率が高いトレードの運用方法をしているので参考になると思います。

Fintokeiのデモトレード大会の上位者のトレード傾向は、、Fintokei公式ページ→大会→ランキング表から上位者のトレード記録を知ることが出来ます。

取引日数が長くても大丈夫?

チャレンジ期間は無制限なので取引日数が長くても問題ありません。(30日間で最低でも1回取引をする必要があります。)

ただ、取引日数が長いと、いつまで経ってもプロになれないので、「1ヶ月以内にプロを目指す」などの目標を立てておいた方が良いでしょう。

1ヶ月以内にプロを目指すのであれば逆算をして「ロット数」や「利幅」を決めるといいよ!

Fintokeiのプロに必要な取引日数【速攻プロプラン】

Fintokeiの速攻プロプランでは購入したら取引日数0日でプロトレーダーになることが出来ます。

ただ、速攻プロプランはチャレンジプランと比べてステップを踏まない分、利益率が50%と低く設定されているので、購入前に確認しておくと良いでしょう。